そしたら通信講座
そしたら通信講座
ホーム > 現金化 > ショッピング枠の換金を業者に依頼する場合の手数料などについて

ショッピング枠の換金を業者に依頼する場合の手数料などについて

ショッピング枠を換金するクレジットカード現金化には、自分で商品を売買して現金を得る方法と現金化業者に依頼する方法があります。
消費者金融などから現金が借りられないといった場合に重宝します。
過去の金融事故などで消費者金融の審査に通らないとかキャッシング枠の上限まで借りていても、自分名義のショッピング枠に残高があればカードで商品の購入ができます。
業者に依頼する場合は最初から公表している還元率で行われる場合もあれば、公表している還元率から手数料が引かれる場合もあります。
後者の方法を行うのは悪徳業者が多く、たとえ還元率が98%と公表してあっても最終的な換金率が60%程度になることがあります。
優良な業者に依頼した場合は、手数料を引いて最終的な還元率が80%程度になります。
例えば換金率が80%というのは業者の指定する5万円の商品をショッピング枠で購入したときに、4万円の現金を得られるということです。
このときの差額のの1万円の中に決済手数料などが含まれています。
現金化業者に依頼する場合は業者から購入した商品をその業者に売却して現金を得る方法と、キャッシュバック特典付き商品を購入してキャシュバックを受ける方法があります。
手数料には決済手数料以外に消費税があります。
これは現金化業者に支払うお金ではなく、カード決済時に必要な税金です。
先ほどの5万円購入した例で考えると、カード決済時に消費税が8%かかるので、カード会社に支払う金額は5万4千円になります。
以上のようにクレジットカード現金化を行うと最終的に損をするので、利用するならば計画的に行う必要があります。

ビックギフトの口コミはこちら